なにを愛と呼ぶのだろう                             2008.10.06









全身で愛した



あれほど愛したのに・・・

















低く静かな あの人の声

不機嫌で

 やさしくて






その声が 今も愛をささやく












夕暮れ時

訪れる夜に向かって







   慟哭









全身全霊をすべてかけて愛した


ただ ひたすら愛した


















ナイフのような恋









痛みだけが



  なつかしい










折れそうな三日月を

見上げて






この夜空の下










いま、ここにいる









































  ・・・しあわせで います























あなたとは


決して 手に入ることの無かった




















  しあわせな日々
































 なにを 愛と呼ぶのだろう



















でも 確かに愛は


心に杭を 打ち込んでいた














 愛 出会い 不思議 占い お祓い 気功 織姫院