不思議な夜

 

 



 


まるで




  初めてその人を見たように

 





 


  まるで



    ずっと一緒にいたかのように

 

 

 

 








 

 




 

 

蒸し暑い夏の夜

 

 

   ちょっと酔って

 

 

 

 

 

 

 

 








 

 

まだ熱いコンクリートの上

 

       ゆっくりと

 

 

 






 

 

    薄明かりの中の

         
      カラオケハウスのネオンサイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


なにかを 待っているような

 

 


    ゆったりと

 




          過ぎてゆく時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

魔法の粉をふりかけたような

 

            ふたりをとりまく空間

 

 

 

 

 






 

 

 


  まなざし

 


      

 

 







   笑み

 

 

 

 











 

 

 

 

 

 

遠く

山の端の木々が光る

 

 

 

















 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパートの階段をのぼる音

 

  
    

 

 

 

 

 



 


照明を落とした

        静かな時間

 

 

 

 

 

 

 

 


なにかが


ふちいっぱいまで


   満たされている

 

 

 















 

 

 

 

 

 

 

 

 


  終わりが  …始まり

 

 






















 

 

 

 

 

      確信に満ちた声

 

 

 

 

 

 

 

           記憶に杭を打つ言葉

 

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 


なにもかもが自然で


 あり得ないシチュエーション

 

 

 

 

 

 

 


岸を離れてしまったボート


  

 

 

 

 

 

 

 

 

 


     今はまだ

 

 

 

 

 

 

          謎のまま






























 不思議・出会いの織姫院に戻る