空のグラス                            2010.9.23









あなたはまるで

 

 

とおい昔から

 

 


このことを

知っていたかのように

 

 

 

 

 


すこし考えるような


 ほほえみを浮かべて

 

   

 やわらかな表情で うなづいている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほの暗いカウンターの

 

  何杯目かの空のグラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まわりのざわめきが遠のき

 


ふたりだけが

  いるこの世界      静寂

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  

 

 

 

 


途切れることのない会話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


謎のようにふれた腕

 


 時の流れに棹(さお)さして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウンターを離れ

  上る階段の薄明かり

 


        ゆれるシルエット

 

 

 

 

 

 

 


それが合図のように

 

 

 宇宙が音を立てて

    その姿をあらわす

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月が満ち

  満天の星は雲にかくれて

 

 

 

 

 

 

 

 

 


暗い夜空に

 約束された言葉を  刻み込む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸底に深く

沈めたはずの想いが

 

 

 

 


かすかに

ゆらいで

 

 そっと舞い上がる
    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 遠い 明日


  すぐそばの きのう

 

 

 

 

 

なにもかも

     わかっているような気がするのに

 

 

 

なにも

 おたがいを知らない

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ただ 惹かれる心があって


     見つめたい瞳がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画のような

 

      再会   そして …

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠い 遠い昔から

  一緒に生きてきたかのように

 

 


   名前を呼び

        確かめあう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと出会えた のか

 


        うたかたの夢 なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 


耳もとのささやき

    熱い吐息

 


   なんども

        確かめあい

 

 

 


あたたかなここちよさ

 

     ゆびさきにも     愛

 

 

 


 むねの鼓動を聞きながら


     一緒に夢の中へとすべり込んでゆく

 

 

 

 

 

 

 

 

 


失った時間を取り戻すように


    互いの瞳の奥になにかを探し

 

 

満たされた南の海の浜辺に立ち


     運命の風に吹かれて

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前世・占い・お祓いの織姫Topへ戻る