2010.11.10

 

 


心がすこし疲れて

 

  愛があふれだしている

 

 

 

 

 

 

暗闇の中で

 


 眠る横顔を

 

 

     ながめて

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あたたかな体温が

 

  居心地の良い愛を

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   その声

 


   その眼差し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの時間が

 

 

 とおり過ぎていったかのような

 

 


   薄明かりのなかの密度の濃い時間

 

 

 

 

 

 


見つめて  見つめあって

 

 

 

 

 

 

 

 


多くの言葉よりも


 そのぬくもりの中へすべり込む

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水底から きらきら光る水面を見上げるように

 

 

ふたりなら


人生を宝石のように変える魔法の杖が手に入る

 

 

 

 

 

 

 

 

疑うことを知らず

 

ただ 愛の言葉を塗り重ねて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛の言葉をつむいで

 

    積み重ねてゆけば

 

 

 

 


いつかきっと


    ふたりの願いも 奇跡のように 叶う

 

 

 

 

 

 

 

叶うまで 


 ねがい続けて

 

 

 


 不思議・占い・出逢いの織姫トップに戻る