夢...             2011.6.9

 







泣きながら扉をこじあけた

 





 

 

 

 


抱きしめて…

 

    強く

 

 

 








 

  温かさを感じることで

 

 

 

 

 

 


傷つける言葉は


   足早に通り過ぎてゆく

 

 

 

 

 

 

 





 


温もりだけに しがみつき



 

腕の中で何度も繰り返す

 





 

 

 

 「愛してる」 

 


 


 「愛してる」 

 


 

 

 「愛してる」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

何かを捨てなければ 


 この手に入らない のなら

 

 

 

  全身を大きく広げて 捨てる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


太古の海から 


 吹き付けてくる風

 

 

 


目を閉じることなく

 













 

 


照りつける太陽も

 


この手に。

 

 

 

 

 

 

 

 


 深い海底では 時が静かに流れる

 







 

 

 

 


  爪先立ちで歩き

 

 

 










広い空と海



はるか 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

やわらかな星の光が




たったひとつの愛を ふちどり

 







 

 


 

疲れきった眠りの中まで



 ほのかな明かりを灯して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幾百億千のうねりの中から


めぐり逢ったことの不思議 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のあたたかさ

 

 

 

 
















 

たとえまた泣いても


 もう 迷うことはない

 

 

 

 







 

見失っても

 


 また引き寄せあう

 

 

 

 

 

 


これから 何があっても







        


もう大丈夫

 

 

 

 

 

 










 

 

        もう大丈夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 


いつか 約束した

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 この日に出逢うことを

 

 













遠い遠い昔







 

 










 

 

 

 

互いが 知らぬうちに 



パズルの隙間を埋めあって

 

 

 

 

 

   少しずつ

 

 

 

 

















 

なぜ 

 

 知っていたのだろう

 







 

   あなたは

 













 

 

 







 

 


なぜ

 

  たった一瞬の閃きで

 

 

 

 

 その言葉を

 

 

 

 


  テーブルの上に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


真夏

 

 


エキサイティング

 

 

 

 

    5日

 

 

 

 

 

 

     一度も会うこともなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 運命

 

 

 


 嵐

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     風      雨

 

 

 

 

 













 


吹きすさぶ感情の嵐に

 


全力で ぶつかりあい

 

 








 

       …  抱きしめあい

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 


月あかり

 


 遠のくエンジン音

 

 

 








 


  旅は  これから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 愛・恋・なぐさめ・前世の織姫topに戻る