訊ねてみれば     2004.11.24

 

 

 

 

 

水泳を習おうと思って、

泳げない人に習おうと思う人はいないと思う

 

 

幸せになろうと思ったら

幸せな人に尋ねるといい

 

 

 

 

うまく離婚をしたいと思っているのなら

離婚をしたために、

とても幸せにうまくいっている人に尋ねた方がいい

 

 

 

離婚をしたくないのなら、

離婚をしないでいる人に聞くのがよい

 

 

 

 

恋人を怒らせてしまった人は

大抵、同じような体験をした人に聞きたがる

 

   あなたのときは、「どうだった?」

 

          安心したい だけに過ぎない

 

 

 

 

スキーが上達したいのだけれど

あまりに上級プレイヤーに聞くのはためらわれる、というのなら

ちょっとだけ

自分より上手な人に聞くがいい

 

雪の上にころんでいる人に聞いてもしかたがない

 

   痛い? ・・・そう、やっぱり。 私も痛い。

   私だけじゃないんだ・・・           なんて安心するか

 

 

 

訊ねる人がいないなら、

青い空に向かって 尋ねるがいい

 

そらは青く 雲は白く 

風に流されて ゆったりと動いてゆく

 

 

道端の草花にさえ 答えは宿っている

 

 

街の雑踏の中の はずんだ声 

あたたかな声の中にも 答えは宿っている

 

 

 

 

自分は 本当は どこに行きたいのか

 

 

その人の背中を見て、後をついていっても仕方がない

その背中はいつのまにか

知らない背中に変わってしまう

 

 

 

変わらないものにしがみついていると

自分が苦しくなる

 

変わらない人にしがみついていると

自分が苦しくなる

 

変わらないことなど なにひとつ無くて

 

変わらないで欲しいと思った心だけが 取り残される

 

 

自分自身が内部から変化して

自分自身が高みを目差して

 

 

 

 

変わりつつ

 

 

変わらない心のままで

 

 

 

否定すれば

拒絶すれば

 

手に入らないものでも

 

 

 

 

 

 

楽しんで

 

苦しみさえ 味わって楽しんで

 

 

 

前に進んで

 

一ミリでも

 

 

 

 

 

 

両手を広げて受け取ってしまえば

それは輝きに変わる

 

 

 

暗いもの

 

嫌なもの

 

受け入れがたいもの

 

 

      それらもすべて夢と化して

       飲み込んでしまおう

 

 

世界は 

 

この掌の中に