言葉 花咲く             2005.5.31

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛がありながら

愛の言葉の代わりに

なげつけるように話す癖

 

愛情あふれているのに、

悪口のような言い回し

 

 

やさしさは 刺のある言葉にかくれ

切りつける刃となって 相手に突き刺さる

 

 

 

 

愛にあふれた言葉

やわらかな声

ゆっくりと見つめる 瞳

 

 

それは分かっている・・・つもり

 

 

 

いつから こんな風になったのか

やさしかった自分は どこに消えたのか

 

やさしい言葉を投げかけられても

はねかえす言葉で はらいのける

 

いつから こんな風になったのか

思いやりの無い自分に なったのか

 

 

 

ただ そこに居てくれるだけでいい !!

 

むさぼるように相手を求めた

はるか遠い日々

 

 

 

 

相手の 足りないところを 指折り数え

思いやりに背を向けて

反対方向に向かって歩いてゆく

 

どこに行こうというのか

 

 

愛が 古びたのではなく

自分が こわばっただけ

 

 

いつから こんな風になったのか

 

遠く 潮騒の音が聞こえる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜が開けて

白い鳥が空を横切ったら

 

 

もう一度

生きてみよう

 

 

 

愛の

  日々を

 

 

初めから

 

 

 

 

 

 

 

愛の顔をしていた 自分に戻って