しあわせ に なるには                         2007.4.29











    しあわせになりたいのだけれど

    どうすればいいですか?



        という質問をときどき受ける








古今東西の哲人が

幸福についてどれほど語ったとしても



ただ一人のしあわせを

与えることはできない











しあわせは じぶんのこころが決める






  ≪しあわせであろう≫ としなければ



   どんなに条件がととのっていようとも

   しあわせを感じることはできない













不幸を感じる人は 不幸癖がある




だれも好きこのんで 不幸になりたい人はいない

と思うのは間違いで



わざわざ不幸の種を探しているのではないか

と思える人はたくさんいる





    それは しあわせになる方法を知らないだけで

    案外 簡単に

    『不幸』を『幸福』に変えることはできる






ただ、簡単でいて 

不幸癖に染まっている人には 案外むずかしい






しあわせでいるためには



     しあわせでいようと決めること

     しあわせな人とつきあうこと


         ただこの二点だけのこと















不幸癖のある人は

しあわせな人とつきあわない














しあわせな人が身近にいないのではない



不幸癖の周波数に合う、

不幸な人とは気が合う





しあわせ周波数の人とは

必然的に距離を置くような関係になる

















不幸癖があるから

他人のしあわせが目に入らない



つまらない疵ばかり探しだしてしまう










































しあわせになるためには

しあわせな人と つきあうに限る




























    いつもわらっている人

    いつも微笑んでいる人



















はじめは周波数が合わないから

ちっとも楽しくないかもしれない










その人のしあわせが

おもしろくないかもしれない
























それでも自分がしあわせになるため

がまんして




幸せな人の中に身を置くようにしてみると

だんだん

自分がそれに染まってくる






































しあわせな人と そうでない人との区別は

そうそうはっきりとは分からない





 ※ 平行線はどこまでいってもその距離は変わらないが



    それにちょっとでも角度がつけば

    さきに行けば行くほど

    その距離はどんどん広がるばかりになる















ほんのちょっとした仕草

ほんのちょっとした考え方の差が


       人生を大きく変えてゆく




























短期間、

しあわせでいることは 誰にでもある





そうでなくて、





ずっとしあわせを維持してゆく人には

               共通項がある






















しあわせになるには 『決心』が要る











     【しあわせでいようと決める】こと



               ただそれに尽きる




































  しあわせ以外、目に入れない

  しあわせにしがみつく




  つまらないことは考えない

  「もしや」なんて

  考えてもしかたのないことは 考えない








  さっさと次へ行ってしまう








  楽しいことばかり考える












しあわせの波動を出し続けていると

うまくいかないことが起こらなくなる















  不幸癖のある人に

  はたしてこれが 理解できるのだろうか






























 不思議・出会い・愛の織姫院に戻る