魂の出入り口

 

 

 

 

氣功教室で

カラダのこのあたりに『魂の出入り口』があるので そこに指先を当ててみてください

と言うと

 

みんなすぐに探り当てて

相手のカラダに耳を澄ます

 

「そこだけ へこんだような気がするところがあるんですね。」

 

そこには

相手の感情も

健康の状態も

いろいろな情報がある

 

 

Aさん:「・・・なんだか、怒ってるみたいな気がするんだけど・・・」

Bさん:「当たり!(;^^)b 今、ダンナと冷戦状態なんだ・・・」

 

Cさん:「・・・喉のあたりが気になるんだけど・・・」

Dさん:「そうなの〜。喉がいがらっぽくて・・・・」

 

Eさん:「・・・ ・・・ ・・・ ・・・」

Fさん:「何か 感じる?」

Eさん:「・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ (ーー;)」  感じているのだけれど、言葉にならない

 

 

 

目に見えないものだけれど

手応えがある

 

目に見えないものだけれど

そこに 確かに 在る

 

 

 

『氣功』は、”氣”を感じる だけでもない

カラダの”氣”を整えて 健康になる だけでもない

 

カラダの不調は ”氣”のとどこおりとなって 感じる

ココロの不調も ”氣”のとどこおりとして 感じる

 

 

 

目に見えないけれど

そこにあるのなら、どかすことも出来る

 

遮断することもできる

目に見えない、電波や電磁波みたいに。

 

 

 

時として

運命の流れも見える

 

「お隣の奥さんに、単身赴任のご主人が、今日帰ってくる気がするって言ったら

 ほんとにいきなり帰ってきて、なんだか変な人と思われちゃったみたいで・・・」

 

鳳翔 「(;^-^)・・・ ・・・」  なんとお答えしてよいやら

 

 

 

 

氣功の訓練をしていると 往々にして潜在能力が開く

ひとりが能力を発揮すると ひきずられるように次々と他の人も能力が開花する

 

 

 

氣功教室の最初の日に、

空間に”氣”のボールを作ってみせて、それぞれに触ってもらい

 

つぎに

それぞれ 空間に”氣”のボールを作ってくださいと言うと

一生懸命つくる

 

そして、ふたり一組になって、おたがいに”氣”のボールを触ってくださいというと

ちゃんと確認しあって、

出来ない人はいない

 

 

 

出来るのが当たり前だと思っていると、簡単に出来る

 

まるですごいことのように 『雲消し』をテレビで放映したことがあると言うが

簡単にやってみせて、簡単だよと教えると、誰でもすぐに簡単にやってみせる

 

 

 

自分自身の能力に、フタをしているのは 自分自身なのかも知れない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2004.2.16