幸せの秘密

 

 

鳳翔が氣功を教えているカルチャークラブは

カラオケシダックスというところが主催している

当然、場所はカラオケシダックス。

 

気功の生徒さんで、他の講座で「カラオケ」を受講しているさんは、

氣功教室が終って、みんなでお茶を飲んだあと

一人でカラオケを申し込んでいる

 

一人では選曲したり歌ったり、忙しいだろうな〜と思っていたが

ある時、何の気なしに みんなを誘ってカラオケをすることになった

 

それ以来、毎回 氣功教室のあとはカラオケ、が定番になってきた。(^^)b

 

 

 

友達同士のカラオケと違うな〜と感じるのは、

年代も 内容も バラエティーに富んでいることだ

 

演歌あり

アニメソングあり、

ニューミュージックあり、

はやりの歌、

英語の歌、

中国語の歌まで飛び出す

 

そのたび、背景に流れる映像がまるで違うのもおもしろい

何本もの映画を見せられているみたいだ

演歌はほとんど和服の女の人、とか 笑っちゃうような事実もある

 

毎回、同じメンバーでやっていると

かっこつけなくなると言うか、うろ覚えの歌でも平気で入れる

 

「?・・・、?・・・、?・・・、?・・・やっぱり歌えない! 次の人!(^^;)」

なんてのもある

 

全然わからないのだけど

『サビ』のところだけ歌いたい、という人もいる

 

 

つい先日は、さんが歌っているを

みんなが、聞いたことがないと歌だね と話していると

楽しそうに

「昭和23年ごろの歌だからね。あのころはよく歌っていた・・・。」

と、おっしゃった。

<彼は80歳を過ぎている>

 

 

さんは 初めは ちょっと煙たがられていた

 

凛として 人と打ちとけようとする気配を見せず、ただ『自分』でいたから

寄りつきにくい感じがしたのだと思う

 

けれど彼は、

自分のやりたいことは はっきり言うけれど

それ以外の点では 若い人たちにまかせきっている

 

カラオケの時は 『マイリスト』を持参して 番号が書いてある本を必要としない

持ち歌は300曲と言うが、

きちっと手書きでノートに 番号と歌の題名が書いてある

 

歌う時は、必ず立って歌う

皆にも、立つと声が出やすいよ、と教えてくれた

 

 

80歳で 新たに 氣功に挑戦する というのも立派だし

站とう功など、みんながすぐに根を上げるような功法でも

当たり前のように きちんと最後までやり通す

 

さんにとっては どれもが『当たり前』 ということが すごい

 

さんは一代で富を築きあげ 今は悠悠自適の毎日だ

奥さんをとても大事にしているのが良く分かる

 

自分のスタイルが決まっていて

人に強制しないが、人にも合わせない

 

いつも楽しそうにしている

そして礼儀正しい

乱暴な言葉を使うのを聞いたことが無い

 

控え目だけど 存在感はバッチリ

 

さんは 今は みんなのアイドル的?存在だ

いてもいなくてもいいようで

いないと寂しい

 

いつもおだやかで 精神状態が安定しているので

氣功教室のムードメーカーでもある

 

 

 

 

年齢じゃないのだと思う

 

ああなったのは、さんがかなり年齢を重ねてきたからだと漠然と思っていたが

さんがあんな風だから、今の結果があるのだというのが

最近、ますますよく分かるようになってきた

 

 

激動の人生を潜り抜けて来たときに いつもあの奥さんがそばにいてくれたのだろう

 

『おだやかで 誠実で まじめに コツコツ型』に 『愛情』を プラスすると

あんなふうに 幸せな毎日が送れるのだなぁと 目に見えるように 教えてくれている

 

たった一度だけ お会いしたことのあるさんの奥さんは

夢二の絵の中の美しい人が そのまま年を重ねたような人だった

 

 

さんの 幸せの秘密が わかったような気がした