入魔  

 

 

 

「走火入魔」

これを簡単に説明することは難しい

 

氣功の用語ではあるが、

太極拳、ヨガ、瞑想、祈り、歌唱、武術 ・・・ ・・・

<疲れきって考える力を失ったときや、苦しみすぎた時などにも起こるときがある>

『開発』 の進んだ 『こころ』 にしか 起こらない現象で

あまり知られていない

<氣功の解説によっては「偏差」と同一としているところもあるが ここでは、それとは区別している>

 

魂(あるいは心)が 深くなって

神(あるいは宇宙または何か)に 近づくほど

 

それらに 一体になるほど

それは起こりやすくなる

 

 

ある時は

慈愛に満ちた<存在>が現れ

言われてみたい言葉を 投げかける

 

『あなたは、人類のためにがんばるのですよ』

『あなたは、人の幸せのために 一生懸命やっていますね』

『あなたは、幸せになります』

 

心には こみあげてくる感激があふれ

感動に胸を揺さぶられ 感涙が頬を伝う

そしてその<存在>(マリア様であったり その人の身近なイメージ)に感謝する

 

 

ある時は

光に包まれ 

 

癒しを経験し

幸せに満ちた至福の感覚を味わう

 

 

具体的な『言葉』を得る時もある

 

あるいは

超常体験(感覚)もある

 

 

あるいは

めったにないが、

<存在>(「先祖」などその人にとって納得できる形)が 助けを求めてきたりすることもある

 

 

 

 

 

歓喜 ・・・ 嬉しさ ・・・ 感激 ・・・ 困惑 ・・・ 使命感 ・・・ ・・・

 

 

 

 

 

 

 

これらをなぜ「入魔」と呼ぶのか

 

 

釈迦は 修煉中に見えたすべての光景を全部「魔幻」だとしている

 

 

魂を揺さぶるような感動を呼び起こす出現 <例えば 神 例えば 観音様 マリア様 の>

なぜ「魔幻」なのか

なぜ「入魔」なのか

 

 

 

 

生命の危機を回避させるような警告は別だが

 

そういった経験は、なにをもたらすか・・・

 

『 神 <あるいは他の何か>に 〈選ばれた〉 わたし』

『人のために尽くしている 〈崇高な〉 わたし』

『〈約束〉された わたし』

『〈特別〉な体験をした、他の人とは〈違う〉 わたし』

『なにか〈特別な使命〉を持っているに違いない わたし』

『他の人が経験していないことを 経験した わたし』

『人よりも 先に進んでいる わたし』

 

 

またあるいは  みずからが『神』になる ・・・ ・・・

 

 

そういった経験は気持ちが良いだけに

人の判断を誤らせやすい

 

 

 

熱心に 励めば

熱心に 修練すればするほど

誰でも 入魔には出会う

 

 

 

密教では、修行してゆく中で

超能力が開いたり、超常現象に出会ったりするが

それに固執しないように諌めている

 

と聞いたことがある

 

仏教の修行中の僧でさえ

そんな経験をすれば

目的が 〈我が〉超能力の 開発に 置き換わるのはたやすい

 

 

 

 

 

 

 

「道」を極めようとすれば

入魔が起こる

 

神々しく、慈悲深い<存在>に 感動すれば

誰も疑念の余地などない

 

あがめ、慕うことを 誰も非難できない

 

みずからを歓喜に身をまかせ 期待に胸弾ませることに 誰も水をさせない

 

 

 

 

先人は

何かが見えたら

何かが聞こえたら

心を奪われることなく

ひたすら 道を極めることに精進することを 説いている

 

 

 

 

 

光に全身包まれるのもいい

宇宙人からメッセージをもらうのもいいが

 

自分を「人間」から切り離してはならない

 

 

 

 

 

物質社会、この三次元から 自分を切り離すことではなく

むしろ逆で

この三次元の物質の世界で

「人間」として いかに心性を向上し どう生きるか

 

 

 

絵空事 <バーチャル世界> のなかで 幸せを味わうのではなく

現実を見据え

現実から 自分をそらすことなく

自分を現実社会に 深く投げ入れ

そのなかでこそ 真実を見つけることだ

 

 

 

 

 

 

 

 

2004.5.5