愛を繰り返す 

 

 

息がとまるほど 苦しい思いがある

深い深いところから 呼ぶ声が聞こえる

 

時空を越えて 存続し続ける愛などあるのだろうか

それが無かったとしたら

この胸の苦しさはなんだろう

 

まだ見ぬ人への、あるいはすでに『出会ってしまった』人への思い

 

 

 

 

 

深い自然に抱かれるような おおらかで幸せな生活

 

胸をかきむしって 泣き叫び 泣き叫んだ 死。

切り裂かれるような 遠い記憶。

 

 

 

 

 

 

きらびやかな人間模様

思わせぶりな目配せ

気を引くようなそぶり

 

つらい心を抱きつつ、みずから決めた別れに

張り裂けそうな胸に 涙も出ないあまりの苦しさ

背中に突き刺さる 相手の心

決して忘れることのない 朝

 

 

 

 

言葉を交わさぬまま わかりあえた空間

言葉にしないまま かなしみも よろこびも

 

無言のまま行かなければならなかった あの日

無言のまま 見送る

二度と帰ることのない

深すぎるかなしみ

 

 

 

 

人が生まれながらに持っている『かなしみ』

それを打ち消すために

人は出会うのだろうか

 

 

出会い

めぐりあって

それと知らずに

ふたたび愛しあって

 

ほかの誰とも違う、何かを感じてしまうのだろうか

 

 

 

 

 

人類の歴史の足跡は たかだか数千年でも

人類の発生は一説によると500万年前とも言われている  ・・・(諸説はあるだろうが)

 

<100年を1cmなら、簡単な計算で 500万年は 50mになる>

 

それほどの長い長い時間の中で

人は出会い

愛しあってきて 歴史を重ねてきた

 

 

ファラオはファラオの

平民は平民の愛があった

 

 

やさしい母の愛や

父の愛

兄弟の愛や

恋人の愛

 

友情や共感 信仰

 

たくさんの愛の中で 愛をはぐくんできた

 

 

今ここでまた

愛をくりかえす

 

ふたたびめぐり会って

その人と

 

愛を 初めから。

 

 

何度でも

 

何度でも

 

 

 

 

 

 

 

2004.7.4